事業内容

事業内容
OUR WORK

徹底した現地現物で
品質の基本をつくり上げる。

アルミ加工品やチタン加工品について、浸透検査、表面処理、塗装を行い 民間機航空機部品として完成させます。
当社の表面設備は、民間航空機の中・小型部品向けとして国内有数の能力を有します。

事業内容

表面処理

浸透検査やショットピーニングの前処理(洗浄やエッチング)、部品に耐食性と塗装密着性付与のための酸化被膜処理を行います。
酸化被膜処理には化成処理、アノダイズ処理があり、要求性能に応じて使い分けます。

塗装

部品に耐食性、外観品質を付与するため、部品表面に塗装を行います。
部品の使用環境(航空機機体の外面、内面、燃料タンクなど)や機種に応じ、塗料の種 類や塗装回数を使い分けます。

浸透探傷検査

表面処理を施す材料は、内部欠陥が加工により表面に露出することがあるため、浸透性の高い検査液を用い、処理前に浸透探傷による非破壊検査で材料表面に欠陥がないことが確認されます。

板金加工

アルミ板材料を部品の形に加工するために、材料からの切り出し、バリ取り、曲げ加工を一連で行います。
さらに、出来上がった部品の形状を三次元測定機を使って確認します。

組織

総括管理部

人(人事、労務など)・モノ(資材など)・財(経理など)・広報活動などの幅広い業務を行っております。社員が働きやすい職場環境づくりに努めている部署です。

生産管理部

図面/規格の要求調査、設備/治具の手配、作業手順の設定などを行っています。お客様からの技術要求を高いレベルで実現する為の業務を行っている部署です。

生産技術部

図面/規格の要求調査、設備/治具の用意、作業手順の設定などを行っています。お客様からの技術要求を高いレベルで実現する為、物作りにおいて大事な仕組み作りに取り組んでいます。

品質保証部

当社が取り扱う製品への作業の処理結果を検査により直接保証すると共にその作業の手順・要領及び業務プロセスが適切なことを保証する仕組みを維持、管理する役割を担う部署です。

製造部

外部および板金工程で加工した部品を処理内容別にライン投入し表面処理工程そして塗装工程へと自動制御のもと高品質を確保しています。